円ベースで例えると

為替介入(外国為替平衡操作)というのはご存知ですか?日銀が為替の介入をして新聞記事、テレビ番組、インターネットなどの報道で見かけた方も多いでしょう。

元から為替介入(外国為替平衡操作)とは日本の場合、◯財務大臣が為替の相場の安定化を実現できるように実施するやり方と考えられています。

簡潔に言えば、かなりの円高・円安になった際に財務大臣の指令によって日本銀行が日本円を売り買いして為替の相場の安定を狙う、というものです。

為替介入(外国為替平衡操作)には方法があります。

1.単独介入・・・行政機関や日本銀行が東京市場において自らが市場に参入して外国為替市場介入(為替介入)をする。

2.協調介入・・・複数の銀行などが話し合ったうえで、各銀行などが持っているお金を活用してタイミングを合わせてもしくは続けて外国為替市場介入(為替介入)を実施する。

3.委託介入・・・他国の銀行などに介入の実施を委ねる。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が海外銀行などに代わって為替介入を実施する。

以上のような方法です。

どのケースの外国為替平衡操作(為替介入)も一時、または連続して為替レートに大きい影響力を与えると思います。

為替介入(外国為替平衡操作)のお金は当たり前ですが誇りをかけているのですからスケールが違うのです。

円ベースで例えると、日頃は数銭ごとに変動している円レートがいきなり数円ずつの変化をするのです。

個人で投資をしている方ならば経験があると推測できますがこれまでは上手に含み資産(または含み損)が増加していたポジションを維持していたところで、保持している保有高が決済しましたといった報告が外為の会社からメールが。

どれだけ儲けが出たのかな(損失が出たのかな)?と思いながら決済後の情報を確認したところ自分で推測していた内容とは真逆の状態となり息を飲んだことがあります。

外国為替平衡操作(為替介入)が実施された場合に多く聞いた話なのです。

外国為替平衡操作(為替介入)が実施されることで、為替市場の流れと逆の変動をすることがわかりました。

まして変動する金額の大きさはでかく動きますので気をつける必要があります。

Link

Copyright © 1996 www.acwal.org All Rights Reserved.